読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不動産投資とは

不動産投資

不動産投資とは

不動産投資は利益を目的として、資金を不動産事業へと投下することです。

土地と建物は別個の独立した不動産となるので、別々に取引が可能です。

つまり投資した不動産を人に貸すなどして定期的な収入を得ることが出来ることと、購入した不動産を売却することによって利益を得ることが出来ます。

では不動産はどのように価格をつけているのでしょうか。

不動産の価格の付け方は一つではありません。

公示地価や基準地価、また路線価や固定資産税評価額、さらに取引価格や鑑定価格など様々です。

目的に応じてつけられている価格が異なっているので注意が必要です。

公示地価は取引の参考にして欲しいと国が考えている価値で、基準価格は取引の参考にして欲しいと都道府県が考える価格です。

路線価は相続税や贈与税などを計算する時に使用するもので、公示地価の約8割に相当するものです。

その時の状況によって変動する

固定資産税評価額は固定資産税を計算するためのもので公示価格の約7割に当たります。

取引価格は実際に取引が行われた時に決まった価格です。

その土地を欲しいと思う人が何人もいれば自ずと金額は上がります。

また誰も欲しいと思わなければ価格は下がります。

価格というものは必ずこれというものはありません。

その時の状況によって変動するのです。

このため投資に対する利益というものも不確実であるということがわかります。

投資した不動産で家賃収入が思ったよりも多かったり、土地が値上がりして大きな利益を得ることもあります。

またその逆もあり得るのです。

不動産投資は株式投資と同様に利益は常に不透明でリスクを伴います。

しかし、不動産は株式よりもリスクは低いです。

土地が急に0円の価値になることは考えられません。

ただし、それほど高額の返しが頻繁でもありませんので、ミドルリスク・ミドルリターンの商品であると言えます。

大きな利益を得るために不動産投資を考えるよりも、安定した収入を目的としたほうが良いでしょう。

 

アパート経営で失敗しないために知っておきたいこと

アパート経営のコツ

アパート経営のメリット

アパート経営に興味を持たれる方も少なくありません。

働きながらでもアパート経営は可能なので、現在の仕事を続けながら副業として家賃収入を得られることが最大の魅力とも言えるでしょう。

実際にサラリーマンとして普通に働く傍ら、アパート経営で収入を得ている方も多くいます。

ところが、アパート経営を始めてみたものの失敗に終わってしまう方がいるのも事実です。

そのようなことにならないために、経営を始める前に必ず知っておきたいことをまとめておきましょう。

アパート経営はやり方次第で成功にも失敗にもなります。

ノウハウを知って賢く動けば成功率は高くなります。

アパート経営を成功させる方法

アパート経営で最も重要とも言えるのは、いかに優良な収益物件を探せるかです。

資金をはたいて物件を購入したものの、肝心の住人がいなければ失敗に終わります。

優良な収益物件を探すためにもっとも意識したいのが、空室率の低い物件です。

www.chintaikeiei.com

空室率の低い物件の最低条件として挙げられるのは、利便性の良さ(最寄駅から徒歩10分以内、ターミナル駅に近い路線など)・周辺環境(スーパー、コンビニ、病院などが近い)、治安の良さです。

これらがそろっている物件は大変人気がある物件として空室が出にくいとされています。

また、エリアのニーズに合わせた物件になっているかもポイントです。

例えば大学が最寄の駅でしたら当然、学生が多くなります。

間取りは狭くても家賃が安ければ良いのです。

逆に会社員が多い地域でしたら間取りは広め、家賃は高めというように、地域のニーズに合わせた間取りの物件探しが必要です。

アパート経営に必要な知識

空室率のほかに、地価上昇についても調べる必要があります。

購入する物件の地域の地価が今後どうなるのか?再開発計画は?などを調べてから購入を考えないと、いざ経営を始めたらお隣の町に新しい駅ができて人口が減少してしまったなんてことにもなり兼ねません。

以上のことは失敗しないためのほんの一例です。

ほかにもローンや税金、管理会社などのことについても学ぶことがたくさんあります。

せっかく始めるアパート経営ですから、失敗しないために事前にしっかり勉強して上手に資産を運用しましょう。