個人年金保険と不動産投資どちらがいいの?

個人年金保険と不動産投資どちらがいいの?

少子高齢化が進むことによって、現役世代が高齢者の年金を負担する現行のシステムはいずれ上手くいかなくなると言われています。

そのような中で、年金生活に頼らずに老後の資金を確保する方式がいろいろと現役世代の間では模索されています。

その中で個人年金保険に加入する人も増えています。

スポンサーリンク
 

自分で保険に加入して、一定の年齢になったら年金のように払い戻しを受ける、一種の積み立ての保険です。

この個人年金保険と比較した場合、不動産投資をした方が老後の資金のねん出がしやすいメリットがあります。

不動産投資をして入居者を確保し、家賃収入が出るようになれば定期的に収益を確保できるようになります。

しかも個人年金保険の場合、公的年金同様、60歳とか65歳など一定の年齢にならないと給付が受けられません。

しかし不動産投資であれば、家賃収入はいつでも発生します。

不動産投資のメリット

つまり定年になる前から収入を受けられ、それを将来のために貯蓄に回すといったこともできます。

また個人年金保険の場合、自分が亡くなればそこで給付は終了します。

しかし不動産投資の場合、不動産を保有し続ければ、家賃収入を自分が亡くなった後でも家族が受け取ることも可能です。

不動産を購入するにあたってローンを組む人もいるでしょう。

不動産ローンの場合、団体信用生命保険に加入することが多いです。

もし返済途中で自分が亡くなったとしてもその保険金を使って、残債をすべて返済できます。

よって家族はローンの負担を一切背負うことなく、家賃経営ができるわけです。

確かに不動産投資の場合、入居者がなかなか集まらずに家賃収入が思ったように得られないというリスクがあるのは事実です。

しかしどの物件を使って不動産経営するか、慎重に見極めることができれば、個人年金保険よりも利回りの高くなる公算も十分あります。

将来のために個人年金保険に加入しようと思っているのであれば、不動産投資による資産運用も検討してみると良いでしょう。

 

不動産投資初心者の注意点

不動産投資初心者の注意点

何事においても初心者はいますが、初心者だからといって失敗できないのが不動産投資です。

株式やFXよりもリスクは低いと言われていますが、一般的な感覚からすると不動産投資も初期費用を考えると大きなお金が動くので、それほどリスクが低いものには見えません。

スポンサーリンク
 

ここでは初心者でも失敗しないようにいくつかの注意点を上げていきたいと思います。

まず不動産購入時にかかる費用は土地や建物だけではないということはご存じでしょうか。

仲介料や税金はよく知られていますが、不動産の権利を登記する手続きが必要なため、司法書士への報酬を支払わなければなりません。

自分でも登記することは出来ますが、申請書の記入や添付書類の用意など全てを自分で行う必要がありますので、司法書士への依頼が無難です。

欠陥住宅に注意

晴れてマンションを貸すことが出来たとしても、空室を作らないように、家賃滞納者を出さないように、出てしまった場合はどのように回収をするのかを考えなければなりません。

また購入前に気を付ける必要があるのが、欠陥住宅を掴まされないことです。

初心者であることが向こう側に伝わると、足元を見られて欠陥住宅を掴まされてしまう可能性があるので、注意が必要です。

その物件自体の価値が下がってしまうことと、入居率の低下などのリスクを背負ってしまうことになります。

さらに期待していた家賃収入も得られなくなってしまうことも考えられます。

欠陥住宅と言っても、建物が傾いていたり、雨漏りがしたり、耐震強度が不足しているような物理的な原因があるもの。過去に事件があって、心理的に住みにくいと感じるような住宅。

また住宅そのものではなく、騒音・異臭・日照障害など周囲の環境に原因があるものなど原因は様々です。

初心者だからといってこれらの問題は分からなかったで済ませることは出来ません。

失敗するには不動産投資は金額が大きいので、初心者だからこそ細心の注意を払って物件の購入をしなければならないのです。