読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アパート経営で失敗しないために知っておきたいこと

アパート経営のコツ

アパート経営のメリット

アパート経営に興味を持たれる方も少なくありません。

働きながらでもアパート経営は可能なので、現在の仕事を続けながら副業として家賃収入を得られることが最大の魅力とも言えるでしょう。

実際にサラリーマンとして普通に働く傍ら、アパート経営で収入を得ている方も多くいます。

ところが、アパート経営を始めてみたものの失敗に終わってしまう方がいるのも事実です。

そのようなことにならないために、経営を始める前に必ず知っておきたいことをまとめておきましょう。

アパート経営はやり方次第で成功にも失敗にもなります。

ノウハウを知って賢く動けば成功率は高くなります。

アパート経営を成功させる方法

アパート経営で最も重要とも言えるのは、いかに優良な収益物件を探せるかです。

資金をはたいて物件を購入したものの、肝心の住人がいなければ失敗に終わります。

優良な収益物件を探すためにもっとも意識したいのが、空室率の低い物件です。

www.chintaikeiei.com

空室率の低い物件の最低条件として挙げられるのは、利便性の良さ(最寄駅から徒歩10分以内、ターミナル駅に近い路線など)・周辺環境(スーパー、コンビニ、病院などが近い)、治安の良さです。

これらがそろっている物件は大変人気がある物件として空室が出にくいとされています。

また、エリアのニーズに合わせた物件になっているかもポイントです。

例えば大学が最寄の駅でしたら当然、学生が多くなります。

間取りは狭くても家賃が安ければ良いのです。

逆に会社員が多い地域でしたら間取りは広め、家賃は高めというように、地域のニーズに合わせた間取りの物件探しが必要です。

アパート経営に必要な知識

空室率のほかに、地価上昇についても調べる必要があります。

購入する物件の地域の地価が今後どうなるのか?再開発計画は?などを調べてから購入を考えないと、いざ経営を始めたらお隣の町に新しい駅ができて人口が減少してしまったなんてことにもなり兼ねません。

以上のことは失敗しないためのほんの一例です。

ほかにもローンや税金、管理会社などのことについても学ぶことがたくさんあります。

せっかく始めるアパート経営ですから、失敗しないために事前にしっかり勉強して上手に資産を運用しましょう。

 

アパート経営とマンション経営の違い

用語解説

アパート経営とマンション経営の違い

アパート経営に興味をお持ちの方でしたらマンション経営というワードも目にしたことがあるはずです。

どちらも似たような言葉なので同じようなものだと勘違いされる方も少なくないようですが両者は違うものになります。

アパート経営は収益物件を一棟所有して運用することを指します。

土地をお持ちの方は土地の運用方法の一つとしてアパート経営をされる方や、アパート物件をそのまま購入して経営をされる方もいます。

一方のマンション経営とは、ワンルーム投資とも言われる経営方法でマンションの一室を購入し、それを賃貸して収入を得る方法です。

xn--xck0d2a9bc1006b7ye5uf909at0yd1iqp9f.com

どちらも不動産運用には変わりはありませんが、利回りやリスクなどに違いが生じます。

利回りやリスクなどの違い

アパート経営は一棟をそのままを運用するので、購入時の資金調達は大変ですが、所有してしまえば複数の部屋からの家賃収入が可能となります。

また、収益物件の購入に関しては銀行などのローンも組みやすくなります。

ただし、立地や設備、家賃などの相場を間違えてしまうと入居者は少なく経営が苦しくなるのも事実です。

アパート経営を真剣に考えるのなら、それなりの勉強をして信頼できる不動産業者を探すことが成功のポイントになります。

マンション経営は、一室を賃貸するので購入時の資金もアパート一棟に比較すると高くありません。

ただし銀行などのローンも一室だけの運用では審査が通りにくいと言うのも事実です。

またマンション一室だけの経営の場合には、万一入居者がいない場合には収入がゼロになり収支計画が苦しくなることもあります。

ですので、マンション経営での収入を生活のベースとして考えるのは危険が伴います。