読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラリーマンの不動産投資

サラリーマンの不動産投資

近年サラリーマンの収入だけでは生活することが出来ない。共働きで頑張っているけれども、生活が苦しいといった家族が増えてきています。

そのため本業以外の部分、いわゆる副業によって収入を得て生活をやりくりしている家族がいるのです。

そこで注目されているのが不動産投資です。

スポンサーリンク
 

将来に不安を感じ、年金の代わりになる収入を考える人が多くなってきています。

本業としているサラリーマンの仕事の合間に株式やFXを利用している人もいます。

株やFXなどの金融の基礎知識を覚えるのが面倒という人にオススメなのが不動産投資です。

一定の収入を見込めるサラリーマンをしているということで、金融機関からの融資を受けやすく、不動産投資のための審査も通りやすいというのがサラリーマンが不動産投資をする理由の1つでもあります。

サラリーマンが不動産投資を行うメリット

サラリーマンが不動産投資をした場合、いくつかのメリットがあります。

一つは不動産購入が生命保険の代わりになることです。

金融機関から融資を受けて不動産購入をする場合、団体信用生命保険に加入する必要があります。

これはローン返済中に自分自身が亡くなってしまったとしても、ローンの残債は保険金から返済されることになります。

この結果、遺族には借金が完済されたマンションが手元に残り、家賃収入も得ることが出来るようになるのです。

また長生きした場合は家賃収入が年金の代わりになるので安心した老後を迎えることが出来ます。

サラリーマンの仕事をしながら管理していくのは大変と思われていますが、管理会社へ委託すればほとんど管理することはありません。

少なからず費用は掛かりますが、それを差し引いても時間的余裕を持つことが重要です。

急激な価格の変動もそれほどないというのも利点です。

1日で土地の価値が半分以下になります。0円になります、ということは考えられません。

少しでも土地の価格が高くなるようなところを探したいのであれば、日々の情報収集が重要です。

全ては情報戦の結果であると言っても過言ではありません。

 

不動産投資は儲かる?

不動産投資は儲かる?

利益を得るためには長期的にものを見るか、短期的にものを見るかによります。

その場ですぐに結果が欲しいのであれば、短期的なことを考えなければなりません。

しかし不動産は買った土地や建物をすぐに売却して、次にまたすぐに土地か建物を買ってということは中々難しいものです。

スポンサーリンク
 

土地や建物は少なからず大きなお金が動くので、即効性は薄いと考えるべきでしょう。

短期的に見るのであれば、価格がある程度動いて売買がしやすい株式投資がオススメです。

しかし価格の変動が大きいので、日々のチェックが必要で売り時や買い時を見誤ると、大きな損失を出してしまいます。

まさにハイリスク・ハイリターンの商品であると言えます。

それに対して不動産投資は、地震や台風などの天災で土地や建物が無くなってしまうという危険性はありますが、それ以外のことが原因で直ぐに価格が下がってしまったり、価値が0になることはありません。

不動産投資はミドルリスク・ミドルリターン

急な土地の高騰など価格の変動が急に起こることは無いのです。

どちらかと言えば長期的に見て結果が出るものです。購入額はそれほど安いものでもありませんので、ミドルリスク・ミドルリターンの商品であると言えます。

必ず長期的な目で利益を考えるようにしましょう。

仮に家賃収入が大きく、今現在が潤っていたとしても、建物部分は必ず劣化していくものです。

資産価格としても年々下がっていきます。

劣化に伴ってどこかを直していく必要も出てきます。

経費がどんどんと増えていくということを考えておかなければなりません。

なんとなく今の収入があればいいというのであれば問題ないのですが、確実な利益としてかんがえるのであれば計算は必須です。

大きな利益を得るというよりは家賃収入で確実に、堅実に利益を出し、土地で堅実に資産を残すといったイメージを持っていくことが理想です。

軽い気持ちで不動産投資を始めるのではなく、購入前の堅実な計算や予測を立てていくことが重要です。

それでも確実に儲かるという保証はどこにもありません。