アパート経営で知っておくべき更新手続きの流れ

アパート契約書

一般的な賃貸アパートの契約内容では更新は2年となっています。

入居2年ごとに継続して契約するか、解約するかを決めます。

アパート経営者が更新の際に必要な手続き内容は以下のようになります。

スポンサーリンク
 

更新手続きは契約満了の2カ月前を目安に入居者へ契約更新の案内をします。

同時に不動産への連絡もおこないます。

ここで入居者が解約をすれば解約手続きとなり、更新となれば改めて契約書の作成が必要になります。

入居者が更新を選択した場合、入居者から更新料を徴収します。

通常新しく設定した家賃の1カ月分となりますが、経営者の考えで多くも少なくもできます。

ただし不動産に事務手数料を支払う義務があるので、更新料をゼロにすることはできません。

更新時に注意すること

更新の際には、再度契約書の作成が必要となります。

この時は新規契約の際に必要だった添付書類や連帯保証人の実印などは省略することも可能です。

ただし入居者の生活スタイルに変化が見られた場合や、家賃滞納などが過去に一度でもあった場合には面倒でも連帯保証人の実印を用意させた方がのちのトラブル回避につながります。

契約更新を機に家賃を改定する経営者もいます。

これは景気などの変動で新規契約時とは家賃相場が大幅に変わっていたり、周辺の家賃相場との兼ね合いなどが影響する場合にあります。

家賃の変動(値上げ)は入居者にとって深刻な問題でもあります。

更新まで行きそうだったのに家賃の値上げを提示した途端、解約になってしまうこともあるので、できれば新規契約時の家賃から変動させないのが理想の経営パターンです。