アパート賃貸の契約内容

アパート賃貸の契約内容

入居者がアパートを借りる際には経営者(もくくは管理会社)が契約書を作成し、その内容に入居者が同意をすれば契約が成立します。

契約内容にはどのようなものがあるのでしょうか?

賃貸契約で必ず出てくるのは、家賃滞納・無断転化・室内の模様替えなどの禁止です。

スポンサーリンク
 

家賃滞納は毎月決められた期日までに支払うことが契約で交わされているので、これを守れない方は法的に退去したもうらことが可能です。

無断転化は経営者への連絡や相談がなく勝手に第三者に部屋を貸してしまうことを指し、これも契約違反です。

入居者が得体の知れない人間を住まわせた場合、アパートの風紀の乱れにつながることもありますし、トラブルに巻き込まれる可能性も否定できません。

これは法律でも定めれられている規則なのでいかなる理由であれ無断転化をした入居者を罰することが可能です。

あまりにも厳しいのも問題

室内の模様替えも基本は契約違反です。

壁紙の張り替えなどは当初の部屋のイメージを変えてしまい、次の入居者募集をしづらくなってしまいます。

インターネットの回線をつなぐための孔や、釘などを使っての家具の取り付けなども部屋の老朽化を早めるため禁止としている経営者がほとんどです。

このほかにも、入居人数無断増加、ペット不可物件でのペット飼育、深夜の洗濯機使用禁止などが挙げられます。

契約内容は経営者の意向をそのまま採用できますが、あまりにも厳しい内容にしてしまうと入居者の募集がなくなる懸念もあります。

許容範囲にできるもの、できないものなどの基準は経営者の価値観だけでなく不動産会社に相談をしながら決めると良いでしょう。