アパート経営の収支計算について

アパート経営の収支計算

長期事業となるアパート経営。

経営を成功させて儲けるためには将来を見据えた収支計画がとても重要になります。

収支計画とはアパートの収入と支出のバランスを考えた利益を出すためのシミュレーションです。

スポンサーリンク
 

アパート経営での収入は家賃・敷金・礼金となり、支出はローン返済額・修繕費用・税金などになります。

これらの金額を予測したものが収支計画となります。

収支計画はアパート経営を始める時に立てます。

計画の段階で見込める収入よりも明らかに支出が多い場合には戸数や設備費用、ローン返済額などの見直しが必要です。

とは言え、確実な利益を出すために設備費用やローンの返済金額を大幅に下げることは後の経営に悪影響を及ぼす可能性もあるので、そのバランスは信頼できる不動産会社などと相談をしながら決めましょう。

収支計画を立てる際のポイント

収支計画を立てる際に見逃せないポイントは家賃の設定です。

これを間違えてしまうと入居者が少なくなり収入がなくなります。

地域周辺の相場やアパートの設備レベルなどを客観的に分析して適正な価格設定をおこなうことが大切です。

また家賃設定は長期で見た場合年々少しずつ下がるのが通常です。

新築は5年後には新築ではありません。

同じ賃料を考えていては入居者が現れない可能性もあるので、そうしたことも含めて家賃のシミュレーションをすると良いでしょう。

また地価の変動やエリアの再開発などがある場合には、家賃の変動も生じます。

一度計画を立てたからとそのままにするのではなく、常に市場動向や地域の情報を意識して、必要があれば軌道修正ができる計画の立て方が黒字を出すアパート経営につながります。