アパート経営のための資金調達

アパート経営の資金

アパート経営を考える時に、最も大きな問題となるのが資金調達です。

ある程度の貯蓄があったとしても、アパートを一括で購入できる方はそうそういません。

そこで、自己資金に加えて銀行などの金融機関でローンを組む方がほとんどです。

スポンサーリンク
 

どの程度の融資が可能かと言うと、どこの機関でも購入するアパートの7割程度となっています。

つまり購入する物件の3割は自己資産が必要となります。

稀に金融機関の調査により物件の担保価値が極めて高いと評価された場合には、フルローンが可能となりますが、この場合でも仲介手数料などは自己資金となります。

アパートローンは住宅ローンと違い、一つの事業として融資をすることが多く、その分購入する物件の審査や個人の信用調査なども厳しくなります。

そのため金融機関によっては審査が通らない場合もあります。

審査の評価基準

審査の評価基準はアパートの担保力、収益性、借入者の返済能力、信用性などです。

どこの金融機関であってもこれらは必ず審査をしますが、特にアパートの担保力と収益性に関しては厳しく見られます。

またローンを組む際には固定金利と変動金利を選択します。

それぞれにメリット、デメリットはあるのでどちらが正しいとも言えません。

固定金利は金利変動がないので長期計画が立てやすいですが、変動金利に比べると利率が高く返済金額が多くなります。

一方の変動金利は固定金利よりも返済額は少ないですが、景気により金利が左右されるので、当初の計画よりも多くの返済が必要となることもあります。

これらのことをよく理解したうえで金融機関を探し、スムーズに融資を受けられるように準備をすることがアパート経営を成功させるコツとも言えます。