アパートを建てる際の工法の選び方

アパートの工法

所有している土地を活用したアパート経営の場合、どんなアパートを建てるかという問題は経営者にとって非常に大きな悩みとなります。

建物の間取りや外観などのデザインも重要な決定事項ですが、それ以前に建物の土台となる工法もしっかりと決めなくてはなりません。

建物の種類には木造、鉄骨造、RC造があります。

スポンサーリンク
 

それぞれ一長一短があるほか、税金の違いや所有している土地に対して向き不向きもあります。

ですのでそれぞれの特徴をよく知り、土地に最も適した工法を選択することが重要です。

木造は建物の主要構造部に木を使った建物です。

鉄骨造やRC造に比較して減価償却期間が短くなるため資金収支のメリットが生じます。

また木造の場合には設計の自由度が高いため狭小地や変形地などのアパートなどを建てる際に人気があります。

コスト面においても最小限で抑えられるため、家賃相場が低い地域などでの建設にも人気があります。

鉄骨造は主要構造部に鉄骨を使用した建物です。

木造建物と比べた場合、耐用年数は長くなるためメンテナンスも比較的楽ですし長期経営も可能です。

また防音設備や断熱性能なども簡単に施工できるため騒音などが気になる立地には向いています。

RC造は主要構造部に鉄筋とコンクリートを使用した建物です。

一般的にマンションと呼ばれる共同住宅で使わますが、アパートでも使用は可能です。

木造や鉄骨造よりもはるかに丈夫で長持ちをするため人気ではありますが、その分コストも高くなります。

このようにそれぞれに特徴があるのでアパートを建てる際には、専門の業者とよく相談をしながら最も適した工法を選ぶ必要があるのです。