アパートの家賃や管理費の決め方

アパート経営と家賃アパートの経営者がおこなう仕事に家賃と管理費、敷金・礼金の金額などの決定があります。

これに関しては建物の立地や間取りなどを客観的に見て適正な金額にすることが経営の成功のカギとも言われています。

家賃によって入居者がすぐに決まる場合もあれば、しばらく空室が続くこともあるので競合物件などの動向もよく観察して決定しましょう。

スポンサーリンク
 

ただし、どんなによく調べたつもりでも相場に合っていないこともあるので、地域の不動産に相談をして決める方がほとんどです。

また家賃は季節によっても相場が変動します。

一般的に引っ越しシーズンと言われる2~3月は多少家賃を高く設定しても入居者が決まります。

逆に4~8月と正月は家賃相場を下げても入居者がなかなか現れにくい時期となります。

管理費について

管理費は基本的にアパート共用部分の管理費用です。

光熱費や掃除費などを換算して決めます。

管理費を家賃に含むと家賃の金額イメージが高くなるので別にしているアパートは多いのですが、家賃に含んだ方が確定申告などの手続きが楽になります。

また経営者自らがアパートを管理をする場合には管理費が安く、管理会社へ管理を委託する場合には管理費は高くなります。

敷金は家賃滞納や入居者の過失・故意による建物の破損が生じた場合の修繕保証料になります。

基本的には家賃の1~2カ月分を最初の契約時に支払うようになっていますが退去の時点で使われなかった敷金はそのまま入居者へ返金します。

礼金は入居者が大家にお世話になります、という気持ちから支払われる昔からの風習の名残でしたが、最近では礼金を設けていない物件がほとんどです。