読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アパート経営とマンション経営の違い

アパート経営とマンション経営の違い

アパート経営に興味をお持ちの方でしたらマンション経営というワードも目にしたことがあるはずです。

どちらも似たような言葉なので同じようなものだと勘違いされる方も少なくないようですが両者は違うものになります。

アパート経営は収益物件を一棟所有して運用することを指します。

スポンサーリンク
 

土地をお持ちの方は土地の運用方法の一つとしてアパート経営をされる方や、アパート物件をそのまま購入して経営をされる方もいます。

一方のマンション経営とは、ワンルーム投資とも言われる経営方法でマンションの一室を購入し、それを賃貸して収入を得る方法です。

xn--xck0d2a9bc1006b7ye5uf909at0yd1iqp9f.com

どちらも不動産運用には変わりはありませんが、利回りやリスクなどに違いが生じます。

利回りやリスクなどの違い

アパート経営は一棟をそのままを運用するので、購入時の資金調達は大変ですが、所有してしまえば複数の部屋からの家賃収入が可能となります。

また、収益物件の購入に関しては銀行などのローンも組みやすくなります。

ただし、立地や設備、家賃などの相場を間違えてしまうと入居者は少なく経営が苦しくなるのも事実です。

アパート経営を真剣に考えるのなら、それなりの勉強をして信頼できる不動産業者を探すことが成功のポイントになります。

マンション経営は、一室を賃貸するので購入時の資金もアパート一棟に比較すると高くありません。

ただし銀行などのローンも一室だけの運用では審査が通りにくいと言うのも事実です。

またマンション一室だけの経営の場合には、万一入居者がいない場合には収入がゼロになり収支計画が苦しくなることもあります。

ですので、マンション経営での収入を生活のベースとして考えるのは危険が伴います。