アパート経営の必要経費とは

アパート経営の経費

アパート経営を始めるにあたり税金の勉強などもしておく必要があります。

アパートの経営で所得が生じると所得税を支払いますが、その時にポイントとなるのが必要経費です。

所得税とはアパート経営の収入から経費を差し引いた金額になるので、どのようなものが経費対象になるのかを詳しく知ることで、賢く税金対策ができるようになります。

スポンサーリンク
 

アパート経営に要する費用で経費となるものは多くあります。

どのようなものが経費の対象になるのでしょうか?

大きな経費として挙げられるのが借入金利子で、建物や設備投資に利用したローンの利息です。

金額としてはもっとも大きな必要経費となります。

数多くあるアパート経営の経費

またアパート経営には減価償却費という経費も発生します。

これは、建物などは年々老朽化などで資産価値が下がるためその下がった分の金額が経費として加算されます。

このほか、租税公課も経費の対象となります。

これはアパート経営の初年度に発生する登録免許税や不動産取得税などでこれも経費とみなされます。

あまり知られていないところでは、建物の老朽化により住人に立ち退きをお願いする際の立ち退き料や建物の取り壊し費用も経費となります。

このほか修繕費、損害保険料、アパート共用スペースでの水道光熱費、不動産会社に支払う仲介手数料や委託管理費なども必要経費としてみなされます。

このほかにも細かい経費対象はたくさんあります。

アパート経営での経費は特に細かいので経営の準備段階からしっかり勉強をしておきましょう。