読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アパート経営に向いている人

アパート経営に向いている人

不動産の運用で注目されているアパート経営。

多少の頭金があればどなたでもチャレンジできる事業ではありますが、経営に向いている人と向いていない人がいるのも事実です。

アパート経営は一つの商売です。

スポンサーリンク
 

こちらが仕掛けた商品(アパート)にお金を払うお客様(入居者)がいて、初めて商売が成り立ちます。

商売には目的と目標が必ずありますから、これを明確にできない方はどんなに優良な物件であったとしても経営はうまくいきません。

例えば、マンション経営の目的は収入アップ、では目的を果たすための目標は?自分なりの答えをまとめて経営に臨める方が向いているのです。

軌道にのるまでは副業で

アパート経営は一つの商売と伝えましたが、経営後5年間は家賃収入だけに頼る生活はとても危険とされています。

特に初めてのアパート経営の場合にはわからないことも多く、入居者の募集なども効率よくいかないこともあります。

そのため経営が軌道にのるまでは他の仕事をしながら様子を見るのが賢い方法です。

そのためアパート経営だけにしか集中ができない方などは経営に向いていなく、バランスよく2足の草鞋を穿ける方が向いています。

経営を成功させるためには、常に入居者目線の住みやすい環境を考えることが大切です。経営とは需要があって初めて利益が生じるものです。

家賃をもらえばそれで終わりではなく、入居者に対して家賃以上の価値を与えられる工夫を日頃から考えられる経営者のアパートはとても魅力があります。

そして入居者の需要は絶えないはずです。

つねに入居者の満足を考え、時には新しいアイデアなども引き出せる方がマンション経営に向いていると言えるでしょう。