空室を防ぐ人気の物件の特長

空室を防ぐ人気の物件の特長

アパート経営者にとって空室は最大のリスクです。

空室をなくし常に入居者がいるアパートを目指すためには、どんな物件が良いのでしょうか?

①交通面での利便性

物件を探すクライアントが必ず視野に入れる条件です。

スポンサーリンク
 

特に単身者の物件では住居から最寄駅までの時間が選択肢に大きく左右します。

最寄駅から徒歩10分以内の物件はとても人気があり、家賃が多少高くても残業後のタクシーを利用するよりはマシと契約を決める方も多くいます。

さらに言えば、最寄駅がターミナル駅から近い沿線ということで人気がもっと高くなります。

外観と間取り

②外観の雰囲気

見た目がキレイで洒落ているアパートは人気があります。

ただし外観は入居層によって好みが変わり、単身者の場合にはコンクリート打ちっぱなしのようなデザイナーズマンションのような外観、ファミリー層であれば白い外壁を基調とした花や緑の多い外観が好まれます。

③間取りのこだわり

交通の便と外観が良くても間取りがイマイチでは入居者の選択肢から外れます。

人気の物件で見られる間取りのこだわりは、収納が広い、日当たりが良い、バス・トイレ別、インターネット回線、フローリングなどに加え、最近ではウォシュレットや浴室乾燥機などを設備している物件が人気の対象となっています。

また最近では、宅配BOXの有無なども単身者の物件探しでは重要視されています。

これらの条件を全てクリアしたアパートの建築は予算的にも厳しいと言う経営者がいるのも事実です。

しかしアパート経営には先行投資も必要です。将来を見据えた経営を考えるのなら、妥協のないアパート物件を目指すのが賢い方法と言えます。