アパート経営でリスクを回避するための保険選び

アパート経営の保険

アパートを経営をするうえでリスクとなる災害の心配。

経営者であれば入居者の安全面も含め万全の対策を取るべきです。

となると考えられる対策はやはり保険加入になります。

スポンサーリンク
 

アパート経営などで思い浮かぶ保険と言えば火災保険があります。

火災保険は経営者であれば加入するのが当然ですが、なかには住居者に加入を義務付けるだけでオーナー自体は加入していないこともあります。

火災は住居者の部屋だけで起こるわけではありません。

管理人室や隣の建物からの引火などもあります。

このような場合には、建物と住居人の所持品の補償はすべて経営者側となります。

火災保険によっては、台風や落雷などによる家屋崩壊にも対応する保険もあります。

そのほか、給排水設備の水漏れや交通量の多い道路に面したアパートのための車接触による建物崩壊にも補償が出る保険もあります。

また火災保険には家賃特約がオプションで付けられるものもあります。

火災などでアパート経営が一時的にできなくなった際に、本来あるべきはずの家賃相当額が給付される保険です。

しかしそうしたことを知らずに適当な保険に入って安心してしまうと、いざという時に全く役に立たない保険だったりもするので気をつけなくてはいけません。

保険料の金額や支払いは、生命保険とは違い地域や建物の状況によって異なります。

地震や台風などが頻繁に起こる地域では保険料が高くなりますし、建物で言えば耐震性能がしっかりしている新築などは保険料は安くなります。

このようにひとことで保険と言ってもさまざまなタイプのものがあります。

マンション経営のリスクを最大限に回避するためにも、保険選びは慎重におこなうことをおすすめします。