アパート経営のメリット

アパート経営

一昔前までは、所有している土地を有効活用するために、アパートを建てて収入を得ると言う考えが主流でした。

最近では収益物件を購入し、そのまま運用される方も少なくありません。

なぜアパート経営をする方が増えているのか?それはメリットが大きいからです。

スポンサーリンク
 

アパート経営でのメリットとして誰もが想像するのは、安定した収入が得られると言うことです。

これは言うまでもなくアパートを経営をすることで入居者が支払う家賃がそのまま収入となるので、経営者は何もしなくても収入を得られるのです。

これは本業としても副業としても大きなメリットになります。

資産形成と税制面のメリット

さらに購入したアパートは後に資産形成となるのも大きなメリットです。

アパートを購入してローンの返済を終えたら、その後の土地は無担保で自分のものになります。

ローンが終われば家賃はすべて収入となりますし、その土地をアパート以外で利用しても問題ありません。

アパート経営をすることでとが生じます。

アパートからの収益などは原価償却の費用となるため税金を合法的に節税できるのです。

また所有している資産がアパートの場合、非住宅用地などの固定資産税よりも6分の1、相続税は金融資産と比較して4割の減税となります。

また、万一の際の遺族への保証にもなります。

アパート経営にあたり団体信用生命保険への加入が義務となりますが、これに加入することで経営者が亡くなった場合には遺族のローン返済義務はなくなりアパートだけが残ります。

このことから、アパート経営を生命保険の代わりとして運用されている方も少なくありません。

このような多くのメリットからアパート経営に携わる方が年々増えているのです。