アパート経営で儲けるには

アパート経営で儲けるには

アパート経営は株式やFXに比べて、より安全でその他の金融商品と比べても、堅実かつ確実に家賃収入などによる収入が見込めるものです。

株式やFXはハマると大きく儲けることが出来るので、一発逆転などを考える人にとってはいいのかもしれませんが、そのためにはただ株式やお金を出し入れするだけでは儲かりません。

スポンサーリンク
 

世界の情勢や知識を把握して時代の流れを常に読む必要があります。

初めてすぐに儲かることは中々難しく、更にある日突然資金が0円ということにもなりかねないリスクがあるのです。

その点、アパート経営は素人であっても参入できるものです。

必要な資格は無く、誰にでも始めることが出来ます。

更には賃貸管理を不動産会社へ任せることも出来るので、本業を持っているのであれば本業に専念することが出来るのです。

マンションとアパートではどちらが有利か

マンションとアパートではアパートのほうが儲かります。

マンションが一室であるのに対して、アパートは全室となるので家賃収入が0円になることはありません。

しかもマンションは鉄筋コンクリートの場合が多いので、建築コストや維持費がかかります。

アパートの場合は建築コストも安くなり維持費も安くなります。

同じ資金を掛けて家賃収入が多いのはアパートです。

ただし、維持メンテナンスにはお金を惜しんではいけません。

10年から15年の間に屋根や外壁などの修繕は定期的にしなければなりません。

見た目だけでなく、住設機器を更新することも重要ですし、環境の悪さは入居者の数と質を低下させる原因となるので注意が必要です。

良質な入居者が増えることによって口コミでアパートの評判が上がればしめたものです。

その場だけのことを考えるのではなく、中・長期的視点をもって不動産投資にあたってください。

また管理会社のレベルも重要です。

常に自分がアパートを見ることは出来ません。

その代わりに管理会社が協力をしてくれるのですが、中にはいい加減なところもあります。

自分自身で管理会社を訪問して自分の目で見て選択することをオススメします。