読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アパート経営のリスク

アパート経営のリスク

アパート経営は毎月安定した収入が得られたり、生命保険の代わりにもなるので、人気の不動産運用方法として注目されています。

しかし不動産運用にはリスクは付き物です。

アパート経営でもっとも考えられるリスクが空室です。

スポンサーリンク
 

アパートがあっても肝心の住人がいないのでは、収入が入らずローンの返済もできなくなります。

空室をまねいてしまう原因はいろいろとあり、不適切な家賃相場や地域の人口、周辺の環境などに加え建物の見た目の悪さなども関係します。

これらを回避するにはアパート購入時点での十分なリサーチが必要です。

その他のリスク

次にアパート経営のオーナーが常日頃から恐れているリスクは火災や地震などによる建物崩壊です。

これらはオーナー自身が気を付けていても時に起こってしまいます。

多くの経営者は保険に加入していますが、なかには地震に適用されない保険などがあったりもするので、よく調べて加入をしないと何かあった時にとんでもない損害となってしまいます。

アパート経営を始める際には、その土地の地価をよく調べることが必要です。

地価は数年ごとに変動するので見極めるのは非常に難しいのですが、それでもある程度の予測はできます。

已む得ない事情でアパートを売却することになった時に地価が下落していれば満足な金額での売却はできません。

結果マンション経営も失敗、土地の売却も失敗というリスクにつながります。

これを防ぐために計画の時点で地価変動に動じにくい物件を探すことが必要です。

このほかにもマンション経営に関するリスクはあります。

しかしリスクの回避策さえ打開すれば成功にもつながるので、一度マンション経営のリスクと打開策についてもよく考えてください。