アパート経営者が見破るべき入居者リスク

アパートの騒音

入居者リスクとはアパートの入居者が問題行動を起こすことで、経営者に金銭的あるいは精神的にダメージを与えるものになります。

入居者がまねくリスクには、家賃滞納・契約内容に背いた行動(ペットの飼育、無断転化、複数人同居など)・他の住人への迷惑行為(騒音・ゴミの出し方など)があります。

このような入居者に対しての対策は経営者にとって重要な課題となります。

スポンサーリンク
 

考えられる対策としてあげられるのは入居の際の審査を厳しくすることです。

空室リスクを恐れて、誰でも入居させてしまうのは入居者リスクが大きくなるため却って経営上のマイナスになることもあります。

審査を厳しくするには

入居者の審査を厳しくするには、必ず信頼できる保証人を付けさせるもしくは保証人がいなのであれば保証会社に依頼させる、安定した収入がある方のみ(正社員勤務のみアルバイトは不可)の募集、日本国籍以外は不可、などの条件にします。

このように審査を厳しくすることで入居者リスクの問題は極めて少なくなります。

ただし入居者の幅を狭めることにもなるため、空室リスクが懸念されます。

大切なのは、空室リスクと入居者リスクのバランスをよく考えて入居審査の内容を考えることです。

アパート経営初心者の方は、入居者リスクを懸念するばかりに厳しすぎる審査にしてしまったり、逆に空室リスクを懸念して審査を甘くしてしまったりという方も多いです。

どこまでの審査なら良いのか?など適正な内容を示してくれのが不動産会社でもあります。

ご自身で考えるのが難しいようでしたら最初のうちは、不動産会社に審査内容を考えてもらうのも一つの方法です。