単身用に人気の間取り情報

単身者に人気のアパートの特徴

単身者用のアパートのあり方が変わってきています。

以前は単身者=ワンルームもしくは1Kが主流でしたが、最近は単身者から人気のある間取りは1DKとなっています。

これは、充実した休日を部屋で過ごしたいと考える方が増えていることを意味しますが、このほかにも単身者が好む人気の間取りの条件は変わってきています。

スポンサーリンク
 

現在単身1人暮らしをされている方に、『部屋探しで重要な決定ポイント』の質問をしたところ、断トツで多かった回答が「独立したバス・トイレ」となりました。

一昔前であればユニットバスが常識でしたがこれも時代の流れとともに変わりつつあり、バス・トイレ別に加え追い炊き機能設備なども条件に入っています。

収納スペースに関しても十分な広さを求めて単身引越しを行う方が多くいます。

最近は余計なものは見えないところに収納するのがトレンドなので、そういう意味でもクローゼットが広い間取りは人気です。

単身者のニーズに合わせた間取り作り

このほか先ほどの質問で回答が多かったのが宅配ボックスの設置です。

インターネットでの買い物が多くなっている昨今、不在の時でも荷物を受け取れるシステムは仕事をされている単身の方にとても魅力です。

このため物件を探すうえで宅配BOXの設置はとても大きなポイントとなります。

ほかにもインターネット回線設置や有料テレビ(WOWWOW)などの備え付けがあると、部屋の決定につながりやすくなります。

現在の単身者は充実した1人暮らしを視野に入れて物件を探す方も多いため、そのようなニーズに合わせた間取りを作ることは、アパート経営を成功させるうえでとても大切なことになります。