アパート経営の所得税

アパート経営の所得税

アパート経営で収益を得る場合いくつかの納税義務が発生します。

所得税の納税を経営者自らがおこなう確定申告は、経営を始めたばかりの時などは、誰でも戸惑う手続きの一つです。

所得税はあくまでも所得額に対しての課税であり収入額とは違います。

スポンサーリンク
 

収入と所得についてよく理解されていない方も多くいますが、収入とは売り上げのこと(家賃・共益費・礼金・更新料など)、所得とは収入から必要経費を差し引いたものになります。

ちなみにアパートを経営するうえでの必要経費とみなされる経費は多いので、しっかりと把握する必要があります。

主なものには、借入金利子・修繕費・損害保険料・委託管理費・仲介手数料などがあるので、細かく管理をしないと確定申告の時期に大変に面倒なことになります。

アパート経営に関係するのは不動産所得税

所得は法務上10種類に分類されていて、アパート経営に関係するのは不動産所得税となります。

さきほどのアパート経営の収入額から必要経費を差し引いた所得額からさらに課税対象にならない所得控除(医療費や生命保険費用など)を差引き、トータルの所得額が割り出されます。

ここに税率がかけられたものが経営者が支払うべき所得納税額になるわけです。

確定申告には白色申告と青色申告と呼ばれるの2つの種類があります。

白色申告は記帳提出の義務はありませんが税制の優遇もありません。

青色申告は記帳提出のほかに必要書類の提出なども求められますがその分税制の優遇があります。

慣れないうちは白色申告の作業は大変ですが、白色と青色を比較するとかなり支払う税金が違うのでアパート経営で賢く節税を考えるなら青色申告がおすすめです。