読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アパート経営で税金が得になる~節税~

アパート経営と節税

同じ土地所有であってもその土地の利用の仕方によって税金の額が違ってきます。

税金をできるだけ抑えるためには、土地に建物を建ててアパート経営をするのが最も賢い方法です。

土地や建物などの不動産を所有している場合、固定資産税と都市計画税を負担する義務があります。

スポンサーリンク
 

これは国が定めたその土地の固定資産税評価額に応じた税金を負担する仕組みです。

納税額は課税標準額に対して固定資産税が1.4%、都市計画税が0.3%となっています。

税金が優遇される

ところが、同じ土地にアパートを建てた場合にはその土地の固定資産税は6分の1に、都市計画税は3分の1に軽減されるのです。

ですから同じ土地の利用でも駐車場などとして使うよりもアパート経営の方が税金面では得になります。

また、相続税に関しても少なくなります。

土地の所有者が亡くなった時には相続税が発生しますが、これもアパート経営をおこなうことで節税になります。

一般的にアパートの所有者が亡くなられた場合でも、そのアパートの住居人は立ち退く必要はなく、相続人がその土地を自由に使えることにはなりません。

そのため相続税が少なるなると言う仕組みです。細かい規定などはありますが、小規模住宅の基準に当てはまる場合などは50%の減税にもなります。

所得税についても少なくなります。

アパートなどの資産価値は年々減少するので、その減少している金額分(減価償却費)が必要経費としてみなされ、確定申告の際には所得控除となります。

これにより、通常の土地所有よりも支払う所得税が少なくなるのです