アパート経営に必要な用語解説

アパート経営の専門用語

アパート経営についていざ勉強をしてみると意外と知らない専門用語などが出てきます。

アパート経営の勉強で知っておきたい専門用語にはどんなものがあるのでしょう?

『収益物件』

毎月一定額の賃料収入がある物件を指します。

スポンサーリンク
 

アパート経営を考える方には、初めから所有している土地を利用してアパートを建てる場合と収益物件を購入して経営をおこなう場合があります。

『修繕費』

アパートの修理や改装をする際に発生する費用のことを指します。経営者が確定申告を行う際に修繕費は経費となるため、アパート経営の話のなかでよく出てくる用語です。

用途地・域建ぺい率・変動金利

『用途地域』

建築基準は地域により違い、これを区画化してまとめたものを用途地域と言います。

用途地域によって建てられる建物の種類や建ぺい数なども違うためアパート経営をするうえで必ず目にする用語です。

『建ぺい率』

住宅の規模に対する基準の一つで建築面積の割合を示します。

たとえば敷地面積100平方メートルに対して建築面積が50平方メートルの場合には建ぺい率は50%です。

アパートを建設する際には建ぺい率についての相談が必ず出てきます。

『変動金利』

アパートローンの際の金利の種類で、景気や金利情勢などの影響で変動する金利を指します。

変動金利はローン開始5年間は変動しませんが、2年ごとの見直しがあり、金利に変動があれば次の5年間は変更した金利を支払います。

通常固定金利よりも金利は低く設定されていますが、金利の変動により固定金利よりも高くなることもあります。

アパート経営に関する用語はたくさんありますが、なかでも以上の用語は特に使うので覚えておくと便利です。