アパート経営をするなら用途地域にこだわるべき

アパート経営の用途地域

用途地域とは都市計画法で定められている地域の種類で、土地利用の目的から12地域に分類されています。

大きくは住居・商業・工業の3つに分かれていて、住居に関してはさらに7つに分類されています。

それぞれに建築基準があり建ぺい率や容積率なども違いがあるため、これを知らずに土地の購入をしてしまうと自分が思い描いていた建物が建てられないということにもなります。

スポンサーリンク
 

第1種低層住居専用地域は低層住宅に関する良好な居住環境を守るために定める地域となっていて、一軒家などが多く目立つ地域です。

この地域では12mを超える建物の建設は禁止されています。

環境や治安の良さは抜群なので家賃相場は高くなりますが、建物の規制は厳しくなります。

アパート経営で人気が高い地域

アパート経営などで人気が高い地域は、第1種中高層住居専用地域と第2種中高層住居専用地域です。

この地域はマンションなどの中高層住宅の良好な環境を守るための地域となっています。

当然、マンションやアパートなどが密集している地域でもあり、必然的にコンビニやスーパーなども多くあるので入居率も高くなります。

特に第2種中高層住居専用地域では病院や大学なども建てられる地域のため入居者の幅も広がります。

ほかにも第1種住居地域は店舗、ゴルフ練習場、ホテルなどの建設が可能、第2種住居地域はカラオケボックスや大型商業施設などの建設が可能な地域となります。

分かりやすく言えば繁華街に面する地域であり、便利ではあるが治安や騒音などの懸念もあるので経営の際にはよく考えた方が良い地域です。

用途地域により入居者率や入居者層にも違いが出るため場所の選定もとても大切になります。