読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

持っている土地を有効活用できるアパート経営

土地を有効活用できるアパート経営

所有している土地を活かしてアパート経営がしたいけど、狭いから無理と悩まれる方もいます。

ところが最近は狭小地や変形地でも上手に利用してアパート経営や駐車場経営ができる時代になっているのです。

アパートを建設するためには、用途地域により定められた基準の通りの設計が必要です。

スポンサーリンク
 

工夫次第でどんな土地でも建設可能

用途地域は12種類に区別され大きくは住宅系・商業系・工業系に分けられています。

さらに住宅系においては7地域に分類をされますが、それぞれの地域によって建ぺい率や容積率が定められいます。

現在所有している土地がどの用途地域になるかによっても建てられる建物が違ってきますが、工夫次第ではどんな土地であっても建設が可能になります。

通常の住宅とは違いアパートを建てる場合には、共用の階段や廊下などのスペースが必要です。

加えて建築基準法や消防法などにより、ある程度の面積を要するため狭小地でのアパート建設は厳しいと考えられがちです。

しかし重層長屋タイプの設計でしたら不可能ではありません。

重層タイプの住居は2階や3階などの住居も含め1階に玄関があります。

これにより共用の廊下や階段もなくなるため部屋自体の面積を広くすることも可能となります。

変形地であってもアパートの建設は可能です。

この場合、変形地に合わせた間取りの工夫が必要となりますが、工夫次第では通常の間取りと変わらない部屋を作れます。

所有している場所の用途地域にもよりますが、変形地のマンション建設の場合には縦の空間を上手に利用することで住居者に気に入られる間取り作りが可能になります。

また、変形地にありがちなデッドスペースは、お洒落なゴミ置き場などにするなどの工夫でいくらでも有効活用ができます。