不動産用語の利回りとは

アパート経営の利回り

アパート物件を購入するときに必ず出てくる言葉に利回りがあります。

物件投資額に対しての利益を数字で表したもので、年間家賃収入÷物件価格×100が利回り率の算出方法です。

例えば3,000万円のアパートを購入・年間家賃収入が300万円の場合、300万円÷3000万円×100=10となり利回り率は10%となります。

スポンサーリンク
 

この場合、物件投資額を回収するのに10年かかる計算になります。

仮に1年間の家賃収入は変わらず、物件価格が1,500万円の場合には利回り率20%となり投資額回収期間は5年間となります。

これだけ見ると利回り率が高い方が儲けやすいのでは?と考えがちですが実はそうでもありません。

条件の良い物件は価格も高くなるため利回りは低くなりがちです。

しかし入居者は決まりやすく空室のリスクも少ないため経営者が苦労することなく安定した経営が可能となります。

利回りの高い物件の場合とは

では、利回りの高い物件の場合は?

物件によっても違いますが一般的に物件価格が安いと利回りが高くなる方程式です。

地方の中古物件がこれにあたります。

建物も古く人口も少ないため入居者も少ないと考えられますが、空室はゼロにはなりません。

さらにその地域のニーズに合わせた建物に変えれば入居者は増えもします。

単身者が多い地域であれば単身用のアパートに改装するなどの工夫をするということです。

このために、資産運用計画では改装費用を多く確保しておくなどの工夫も必要になります。

これができない経営者はたとえ利回りの高い物件を購入しても儲けられません。

このように利回りは高いから良い、低いから悪いと考えるのではなく自信の資産計画や経営方針によって考えるのが得策と言えます。