2015-10-04から1日間の記事一覧

不動産用語の利回りとは

アパート物件を購入するときに必ず出てくる言葉に利回りがあります。 物件投資額に対しての利益を数字で表したもので、年間家賃収入÷物件価格×100が利回り率の算出方法です。 例えば3,000万円のアパートを購入・年間家賃収入が300万円の場合、300万円÷3000万…

アパート経営をするための3つの方法

アパート経営をおこなうにあたり3つの管理方法があります。 一括借り上げ・管理委託・自己管理です。それぞれの内容を知り、自分にはどの管理が向いているのかを検討する必要があります。 一括借り上げは、保有するアパートをそのまま業者に預けて運用する方…

アパート経営のメリット

一昔前までは、所有している土地を有効活用するために、アパートを建てて収入を得ると言う考えが主流でした。 最近では収益物件を購入し、そのまま運用される方も少なくありません。 なぜアパート経営をする方が増えているのか?それはメリットが大きいから…

空室を防ぐ人気の物件の特長

アパート経営者にとって空室は最大のリスクです。 空室をなくし常に入居者がいるアパートを目指すためには、どんな物件が良いのでしょうか? ①交通面での利便性 物件を探すクライアントが必ず視野に入れる条件です。 特に単身者の物件では住居から最寄駅まで…

アパート経営者が見破るべき入居者リスク

入居者リスクとはアパートの入居者が問題行動を起こすことで、経営者に金銭的あるいは精神的にダメージを与えるものになります。 入居者がまねくリスクには、家賃滞納・契約内容に背いた行動(ペットの飼育、無断転化、複数人同居など)・他の住人への迷惑行…

アパート経営のリスク

アパート経営は毎月安定した収入が得られたり、生命保険の代わりにもなるので、人気の不動産運用方法として注目されています。 しかし不動産運用にはリスクは付き物です。 アパート経営でもっとも考えられるリスクが空室です。 アパートがあっても肝心の住人…

アパート経営のための資金調達

アパート経営を考える時に、最も大きな問題となるのが資金調達です。 ある程度の貯蓄があったとしても、アパートを一括で購入できる方はそうそういません。 そこで、自己資金に加えて銀行などの金融機関でローンを組む方がほとんどです。 どの程度の融資が可…

空室よりも怖い家賃滞納問題

アパートの経営者にとって入居者不在の空室は深刻な問題です。 収入であるはずの家賃が支払われないのですから当然ローンの返済なども見直しが必要になります。 しかし、空室以上に深刻なのが入居者の家賃滞納です。 入居者の家賃滞納の理由として最も多いの…