入居審査で空室対策をする不動産投資


入居審査で空室対策をする不動産投資

不動産投資も投資の一種ですから、どうしても運用するにあたってリスクがあります。

その中でも不動産投資の中でも注意したいリスクの一つに、空室リスクがあります。

 

入居者あっての家賃収入

不動産投資は入居者があって初めて家賃収入が発生し、資産を増やすことができます。

ところが肝心の入居者が集まらないのであれば家賃収入はままなりませんし、建物の維持管理コストもあるのでどんどんお金が出て行ってしまう事態も想定できます。

そこで不動産投資をするのなら、空室リスクのマネージメントをどうするか検討する必要があります。

もちろん、空室を出さない対策を講じることは大事です。

入居審査の見直し

しかしそれでも実際に空室が生じた場合には、入居審査の見直しをしましょう。

簡単に言えば従来の入居審査のハードルを低くして、より多くの人が応募できるようにするのです。

入居審査はその人に部屋を貸して家賃滞納することがないか、周囲の住民に迷惑をかけることはないかをチェックするための作業です。

もちろん何でもOKにしてしまうと、家賃を滞納するような人も出てきやすくなるので論外です。

しかし審査条件を厳しく設定し過ぎてしまうと、入居者をなかなか確保できません。

もし厳しすぎる条件にしているのであれば、少し条件を緩めるだけでも空室率を下げられるかもしれません。

外国人入居者に注目する

その他には外国人でも入居できるようにするのも、空室対策として効果が期待できます。

けっこう現在の不動産のオーナーを見てみると、外国人の入居を認めていない物件も少なくありません。

外国人の入居に消極的なのは、育ってきた環境が違うため習慣やマナーが異なり、隣人トラブルになるリスクが高いからです。

しかしきちんとした人であれば、説明をすれば理解してくれるでしょう。

これからの時代ますますグローバル化が進むので、外国人が日本で暮らすのは当たり前になるでしょう。

そのような人たちを囲い込むことで、安定した家賃経営を進めていくのも今後の不動産投資の戦略としては有効なはずです。