立地条件が今後は重要な不動産投資

立地条件が今後は重要な不動産投資

日本は少子高齢化がどんどん進んでいることは、ニュースなどで聞いたことのある人も多いでしょう。

少子高齢化によって、日本人の人口は今後減少傾向に変化するだろうと見込まれています。

なぜ立地が重要なのか

このような状況下では、今後賃貸需要は減ることはあっても増えることはないでしょう。

このことを頭に入れて、これからの時代は不動産投資をする必要があります。

不動産投資がうまくいくかどうかは、どの物件を使って経営するかの占めるウエイトは大きいです。

物件選びをするにあたって、立地条件がどうかは十分検討する必要があります。

地方というリスク

立地条件で比較した場合、地方で不動産経営をすることは今後リスキーになるでしょう。

地方の賃貸需要が減少するためです。

実際地方の賃貸物件を見てみると、空室物件も増えてきていると言われています。

都市部の賃貸需要

しかし都市部、特に東京の周辺の賃貸事情を見てみるとむしろ賃貸需要は高止まりしています。

東京の賃貸のニーズが高いのには、いくつか背景があります。

まずは遠い郊外の一軒家よりは、利便性の高い近くのマンションを選択する人が増えているからです。

また晩婚化・未婚化の進んでいることも関係しています。

一人暮らしであれば、賃貸物件で十分と考える人が多いため、都心の賃貸需要が高いのです。

高齢者の賃貸物件需要

加えて、高齢者の賃貸物件需要も高まっています。

現役世代の時には郊外に一軒家を購入したけれども、子どもたちが独立して夫婦2人暮らしをするには広すぎる、だったら都市部のマンションを借りようと考える高齢者も増えています。

ですからこれから不動産経営を考えている人がいれば、立地条件を重視して物件探しをすると良いでしょう。

マンションなどの建物は、築年数が経過すればするほど、老朽化も進みます。

そうなると賃貸物件としても価値も下落します。

しかし立地条件に恵まれた物件であれば、条件の良さが多少の老朽化であればカバーしてくれます。

その結果、家賃もあまり落とすことなく将来にわたって安定した賃貸経営のできる可能性が高いのです。