初心者が不動産投資をするならワンルームマンションがお勧め?

不動産投資をするならワンルームマンションがお勧め

不動産投資で収益をあげられるかどうかですが、言い換えれば収益のあげられるマンションを手に入れられるかどうかとほとんど同義と言っていいでしょう。

ワンルームマンションは空室になりにくい

ではどのようなマンションが収益のあげられる可能性が高いかですが、一つポイントになることとしてワンルームマンションが考えられます。

ワンルームマンションがなぜ不動産投資をする場合にお勧めかですが、一人暮らしの人が暮らすからです。

ワンルームマンションの場合、ほとんどが一人暮らしをしようと思っている人が借ります。

一人暮らしであれば、その人が「借りる」と決めれば入居申し込みをしてくれます。

一方ファミリータイプのマンションの場合、家族全員の意思が一致しないと入居申し込みをしてくれません。

このため、ファミリータイプの物件と比較すると、ワンルームマンションのほうが入居者は見つかりやすいですし、実際空室になりにくい傾向があります。

つまり不動産投資をする場合にはワンルームマンションにターゲットを絞ったほうが、収益が出やすくなります。

ランニングコストが低い

部屋を借りていた住民が引越しをするにあたって部屋を出ていく場合には、リフォームをして次の入居者を受け入れる準備をします。

ワンルームマンションはファミリータイプと比較して部屋数も部屋面積も狭いので、リフォームの規模も小さく抑えられます。

ファミリータイプのマンションであれば、少なくてもリフォームするのに30万円、部屋のタイプや状況によっては数百万円単位の費用が必要になるケースも出てきます。

一方ワンルームマンションのリフォームの場合、それほど変える必要がなければ、数万円といった費用で済ませることもできます。

またリフォーム作業を限定的になれば、それだけ短期間で完了します。

より早く入居者募集の宣伝が打てます。

このようにランニングコストを安く抑えられるので、ワンルームのほうが効率よく収益を出せる可能性が高いわけです。

初心者が不動産投資をするのであれば、ワンルームマンションのほうが失敗しにくいでしょう。