不動産投資は中古物件がねらい目

不動産投資は中古物件がねらい目

不動産投資に限ったことではありませんが、マイホームを購入するにあたってやっぱり新築がいいという人は多いようです。

ピカピカの物件がやっぱりいいという人もいるでしょうが、不動産投資をする場合には中古物件も視野に入れて、購入物件を探すといいでしょう。

中古物件のメリット

価格がリーズナブル

中古の物件を使って不動産投資をするメリットの中で大きいのは、リーズナブルな価格で購入できるところです。

新築と比較して、かなり割安な値段で販売されている物件もあります。

ということは立地条件に恵まれたところにあるマンションなどでも、意外と手ごろな価格で購入できます。

初期費用を少なく抑えることができれば、それだけ利益も上げやすくなり、効率的な資産運用をすることが可能です。

すでに入居者がいる

中古物件のオーナーになるメリットとして、すでに入居者がいるというのも無視できないポイントです。

不動産投資の中でポイントになるのは、入居者を確保でき、安定した家賃収入を得られるかどうかです。

すでに入居者がいれば、自分で集める必要なく家賃収入を得られます。

いったん全員入居者が大挙して改めて不動産経営する場合でも、過去の入居者情報がありますので、この物件を購入すればどの程度の家賃収入が期待できるか、事前にシミュレーションできます。

また前の入居者の情報に基づき、家賃価格の設定もしやすいでしょう。

ローンの返済資金をねん出

中古の物件であれば先ほども見たように、すでに入居者のいる場合もあります。

ということは家賃収入もすぐに入ってくる可能性が期待できます。

不動産投資をしようと思っている人の多くが、銀行などから不動産ローンの融資を受けているでしょう。

早めに家賃収入を確保できれば、こちらからローンの返済資金をねん出することができます。

すなわち自分のポケットマネーからローン返済をすることがなくなります。

このように中古物件には中古物件なりのメリットがあります。

また中古でも入居者を確保できそうな魅力的な物件もありますので、情報収集してみましょう。